ヒューミクル®の製造工程
■ ヒューミクル®は古代植物堆積層=”ヒューミックシェール”より採取しています。

フルボ酸には、天然由来のものと、人工的に作ったものがあります。天然由来のものは、水、土、堆積層、泥炭など、腐植がある程度進んだところからであれば、基原(基原材料=由来)を問わず採取、抽出することが出来ます。また、植物などを発酵して人工的に、”腐植化のプロセス”を再現することで腐植酸を発生させ、フルボ酸を作ることも出来ます。従って、基原によってフルボ酸の含有量をはじめ、ミネラル含有の有無など、含有成分の種類や量が全て違います。それぞれが異なった性質を持っているため、二つとして同じフルボ酸は存在しません。

世界中に”ヒューミックシェール”(腐植層と言う意味)は存在しますが、 ヒューミックシェールはどれも同じではありません。ヒューミックシェールは一つ一つ違う年月や環境の元誕生した腐植層だからです。私達が選んだ腐植層は恐竜の化石が多く採掘されるアメリカ西部にあり、7000万年~1億年もの時を経て育まれたものです。このヒューミックシェールはフルボ酸の含有量が高く、また65種類以上の天然ミネラルをバランスよく豊富に含まれています。汚染や不純物もなく、世界でも類を見ない安心・安全な植物堆積層です。ここから抽出したフルボ酸を私達はヒューミクル®”と名付けました。

ヒューミクル®の基原であるこのヒューミックシェールはフルボ酸14%フミン酸45%、更には65種類以上ものミネラルを含み、このように肥沃な堆積層は他に類をみません。これは天然植物有機酸を豊富に含むヒューミックシェールの上に、奇跡的に雨の侵入を防ぐいわば傘のような防御層が存在したからです。この防御層のおかげで栄養が水分に溶けて流出することなく、また高圧によって石油や石炭になることもなく、最高品質の天然植物有機酸が守られてきたのです。


*『ヒューミクル®』は株式会社スタイルアンドバリュージャパンの登録商標です。
ヒューミクル®が採掘されるヒューミックシェール (アメリカ合衆国)
■ ヒューミクル®ができるまで

ヒューミクル®は、7000年前~1億年前の太古の原生林に生息していた植物からつくられました。この植物が枯れた後、土に住む微生物により分解が始まり、アミノ酸や炭水化物、またフミン酸やフルボ酸という「腐食物質」がつくられました。分解が進むとやがて、アミノ酸や炭水化物などは土からなくなり、フミン酸とフルボ酸が残ったのです。
微生物による分解を経て、フミン酸とフルボ酸が残った土が堆積した地層が、ヒューミクル®が採れる”ヒューミックシェール”です。この堆積層にはフミン酸とフルボ酸以外、有機物は分解されて残っていないため、純度の高いフミン酸・フルボ酸が採れます。このような堆積層は世界でも類をみません。
ヒューミックシェールより「ヒューメイト(フミン酸塩)」という結晶を採掘します。
このフミン酸塩を顆粒化したものは、ヒューミクル®EC、ヒューミクル®ACとして製品化されます。フミン酸塩を水酸化アンモニウムに浸してフミン酸を、逆浸透圧水に浸してフルボ酸を抽出します。

抽出されたフルボ酸液は更に、次の工場に運ばれ、特許製法により水分除去されます。このようにして作られた粉末が、ヒューミクル®のなかでも最高品質の、ヒューミクル®HCフルボ酸パウダーです。